読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの生活の考察。

つまらない毎日をファック!

4/15(水)ミニマリズムとはなんぞや

日記
最近、ミニマリストと呼ばれる方々のブログをよく読んでいます。

そもそもミニマリズムというものがどういうものかをはっきりとは理解できていないのですが、物や無駄が多い私にとって彼らは、小さく、無駄なく生活しているように見える、一種の憧れの存在です。
(理解できていないわけではないのですが、しっかりと空で人に説明できるようになるまでは理解したとは言えない、という自分ルールに基づいた結果です。)


私はかなり優柔不断で、それなのに完璧主義者で、きっちりしていない、できない自分に対していつもイライラしてしまいます。

たとえば、私は服を選ぶことがとても苦手です。
狭い部屋を綺麗に片付けることも苦手です。
片付けても、物が多いせいで思うような形に収まりません。

もっと物を減らせればいいのに、私服に制服があればいいのに、などと、ずっとこれらのことに悩んできましたが、ある日、私もミニマリストを目指してみたらいいのではないか?と思いつきました。

試しに、ちょうど家の部分的なリフォームで玄関周りを片付ける機会があったので、家族とともに片付けをし、要らない靴やら古い傘やらを捨てました。

玄関周りも心も非常にすっきりとし、清々しい気持ちになりました。

同じように、服や部屋にある物も捨てようと思ったのですが、これがなかなかうまくいきません。

「まだ着るかも」「これは置いておこう」「これは愛着があるし…」
そう言いながら、結局必要なものを絞ることができないのです。

そして、完璧主義者である私は「ミニマリズムを徹底しなければならない」ということに囚われ、「物を捨てられない自分」に対して苛立ちます。

こうなっては意味がないような気がしました。


ミニマリストの方々のブログを見ていると、時折、なんとなく違和感を抱きます。
みんながみんなそうであるわけではありませんが、「小さな暮らし!物のない暮らし!それがジャスティス!!!」という空気を感じます。
中には、「物を捨てなければ!小さく生きなければ!」と、何かに急かされているのかな?と感じる方もいらっしゃいます。

これが、冒頭に書いた『小さく、無駄なく生活している"ように見える"』ということです。



私はまだ「若い」と言われる年齢です。
どうせ年老いたら物を減らさなければ生きていけなくなることでしょう。
それをわざわざ、若いうちにやる必要はないように思いました。

好きなものを、好きな服を好きなときに買い、時には売り払い、捨て、また好きなものを買い、捨て…その繰り返しが人生を豊かにしていくような気がします。

だからといって、ミニマリズムを否定することはありません。

人それぞれ、芯にする価値観は異なりますが、私にはミニマリズムは合わなかったというだけのことです。
もしかすると、物を捨てるときにもっと思い切ればなにか変わるかもしれませんが。


でも、少なからず私のためになることはあります。
以前にも「パーソナルカラーで着る服を考える」とか「靴は3パターンあればいい」などの内容の記事を読みましたが、非常に勉強になりました。

なので、これからもいろんなブログを読み続けていきたいと思います。



4/6(月)ぎっくり腰になりました。

日記
みなさんお久しぶりです、こんばんは。

タイトルにあるように、ぎっくり腰になりました。2回目です。

このところ友人知人と会いまくってご飯食べまくって出かけまくっていたので、相当疲れが溜まっていたようです。

寝転がっていて、姿勢を変えようとしたまさにそのとき、「ピキッ」と腰がお逝きになられました。


激痛と戦いながら、母の力を借りて起き上がり速攻で接骨院へ行きました。

ビリビリと電流を流してからもみほぐし、マイクロウェーブであたためてローリングウォーターベッドに横たわり、一通り施術してもらってなんとか良くなりました。

今はコルセットを巻いて大人しくしています。


もうぎっくり腰にはなりたくないので腰周りの筋肉を鍛えたいと思います…


3/19(木)別れの季節

日記
昨日は終業式に出ていましたが、今日は私が最初にいた学年である5年生たちの卒業式に参加してきました。


卒業生が入場するところで既に泣きそうになり、自分が卒業するわけではないのに緊張で心臓がばくばくに。

順番に機械科から、電気、電子、そして応用化学科、都市の順に名前が呼ばれていきました。


私が元いたクラスである応用化学科5年生は、1,2年のときと同じ先生が担任をしていました。

とてもとてもお世話になりました。感謝しかありません。

あとから聞いた話ですが、先生はクラス全員の名前を名簿を見ずに呼んでいたそうで、友人は思わず涙ぐんだと言っていました。在校生席の一番後ろにいて見えなかったのが残念です。


式が終わり、会場の外へ出るとクラスの皆が談笑しており、「みんな卒業おめでとう!」と声をかけると「久しぶり!」「元気にしてた?」「今日来てくれたんやね!ありがとう!」と答えてくれました。

たくさんの友人と、たくさん写真を撮って、たくさんしゃべりました。

皆は教室に戻ると聞いたので、もう式も終わったし、することも全部終えたからとそこでお別れして帰ろうとしていました。

そこへ、部活の集まりが終わって教室に向かっていた別の友人に遭遇し、「教室に来たらいいのに。むしろ来いよ!」とのこと。

卒業生じゃないのに行って大丈夫なのかと不安を感じましたが、とりあえず行ってみることにしました。

すると先生からも「ええよええよ、教室の後ろにおったらええ。集合写真も一緒に写ろう」という言葉とともに「みんなー、懐かしい顔が来とるぞー」と紹介を受けて、最後に皆で写真を撮りました。

先生の紹介を受けてクラス全員の視線が集まったのはものすごく恥ずかしかったです。


3年間しか一緒に過ごせなかったけれど、それでも皆それまでと同じように私と接してくれて、とても嬉しかったです。

留年したから、という理由だけで接し方が変わるのかというのも変な話ではありますが、それでも私は嬉しかったのです。


私も、ある意味では5年間在籍したこの学校を卒業するようなものです。

この5年間、本当に様々なことがありました。

よく、私の周りは成長し、変わっていくのにどうして自分はそのまま変わらないのだろう、どうすればみんなと同じようになれるのだろうと悩むことがありました。

私は変化を受け入れることが難しく、また、ほかの人たちよりも少し成長が遅い、子どもっぽい性質があるということが最近わかってきました。今になれば理解できますが、当時は周囲の変化についていけず戸惑っていたようです。


でも、今日、初めて会った日から比べると随分と大人になった、だけど芯の部分ではあまり変わらない皆の姿を見て、どこか宙に浮いていた自分の所在を掴めたような、何かがストンと収まったような、そんな感覚を得ました。


本当に今日が、私にとっても皆にとっても最後の日で、バラバラになってしまうのかと思うと寂しい気持ちでいっぱいです。


大学に進む人、社会人になる人、皆それぞれの道を行くのでしょう。


これを一区切りとして、私も負けじと精一杯自分の道を進んでいきたいと思います。


みんな、卒業おめでとう!



3/15(日)特に何もない日

日記
今日は本当に何もない日だったので、書くことが何もありません。

あったとすれば、朝7:30に起きてニチアサを観たことくらいです。

じゃあ書くことあるじゃねーかと思い至ったので感想でも書こうかと思います。


手裏剣戦隊ニンニンジャー

みんなの演技がとても棒。気になる。
おでん美味しそう。


仮面ライダードライブ

ネタにされ続けるブレン。ブレンはブレない、なんつって。
メディックにくったり骨抜きにされたチェイスの可愛さは異常。
とりあえず泊さん、私と結婚しましょう。


Go!プリンセスプリキュア

きららちゃんかわいい。




以上です。

どの変身シーンにもゾクゾクするのは私だけでしょうか。


SURPRISE-DRIVE (CD+DVD)

SURPRISE-DRIVE (CD+DVD)

3/14(土)ブログ更新のモチベーション

日記
モチベーションがありません。

一旦飽きてまた熱が上がって更新して、また飽きて、の繰り返しが多いです。

毎日更新するのはなかなか難しいですね。


公務員試験と英検の勉強を始めたので、更新に割く時間が取れないというのも要因のひとつです。

暇さえあれば勉強をするか、TwitterやLINE、lang-8などのツールを用いて海外の方との交流を図っています。

だんだんと英語を使うことに慣れてきた感じがあります。

2016年度版 公務員試験  地方初級テキスト&問題集

2016年度版 公務員試験 地方初級テキスト&問題集

3/10(火)友人の誕生日パーティー

日記
f:id:szknlaboratory:20150311104121j:plain
一番誕生日が遅かった子がやっと二十歳になれたので、以前から企画していたパーティーをしました。

以前同じメンバーで集まったときはその子と私がまだ二十歳ではなかったため全員ソフトドリンクでした。なのでこれが初めての飲み会です。


私は楽しい雰囲気によっていつもより多く飲んでしまい、フラフラになりながら二次会のカラオケへ。


ウォッカ系のものって美味しいですね。

帰ってから母に「スクリュードライバーとかブルドックとか、めっちゃ美味しかった。お酒感なかったからグイグイいけたわ」と言うと「そりゃあんた、男が女の子を酔わせて持ち帰るためにあるような酒だからねぇ」と返され微妙な顔になりました。ウォッカ…恐ろしい子

オールしたい気分だったのですがみんなそれぞれ翌日に予定があるとのことで1時間半の滞在で帰宅。


仕事もせず学校もないのは私だけですからね。この…うん。それはそれとして。

このところ飲みすぎている気もしますし、春になってきて痩せやすくなっているはずなのでそろそろ運動を始めようかと思います。

軽い散歩から始めて、自転車で駅前にある県立の図書館へ、とか考えてます。


勉強、がんばるぞー。


おつまみ横丁-すぐにおいしい酒の肴185 (池田書店の料理新書シリーズ)

おつまみ横丁-すぐにおいしい酒の肴185 (池田書店の料理新書シリーズ)

3/8(日) 語学交換会!Language exchange!!

日記
今日は語学交換会へ行ってきました。

Meetupというサイトを通じて知り合った方々と実際に会い、おしゃべりをしたりご飯を食べたりしました。

英語がバンバン飛び交っている中、聞き取ることで精一杯で、自分も発言するのはとても難しかったです。

まず、言いたいことを英語に置き換えることができない。基本的な文法が頭に入っていないから話せても支離滅裂になる。

多分、支離滅裂でも単語を並べるだけでなんとなくは伝わるし、相手は気にしないのでしょうが、やはり『きちんと話せないと恥ずかしい』という気持ちがあります。

ですが、交流会の終盤では私も少しずつ発言できるようになりました。

今日見つけた課題は、

  1. 恥ずかしがらない
  2. 基本的な文法を叩き込む

この交流会は毎週やっているので、月に一度か二度のペースで参加したいと思います。

くもんの中学英文法―中学1?3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)

くもんの中学英文法―中学1?3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)